hc-awards

平成24年度ヒューマンコミュニケーション賞受賞論文

■ヒューマンコミュニケーション基礎研究会
・本間元康(精神研)・栗林大輔・長田佳久(立教大)・栗山健一(精神研)
「アイコンタクトの知覚体積と性格特性」(HCS2011-55)

■ヒューマン情報処理研究会
・寺本渉・松浦雄斗(室蘭工大)・浅井暢子(京都文教大)
「バーチャル・リアリティ環境における他者の存在感の計測」(HIP2012-33)

■マルチメディア・仮想環境基礎研究会
・中村裕美(明大)・宮下芳明(明大 /JST)
「電気味覚の応用による食メディア開発」(MVE2011-103)

・藤井達也・伴祐樹・井村純・鳴海拓志・谷川智洋・廣瀬通孝(東大)
「拡張現実感を利用した物体の明度操作による重量知覚および作業疲労の操作手法の基礎検討」(MVE2012-20)

■福祉情報工学研究会
・渡部謙・渡辺哲也・山口俊光(新潟大)・大内進(特総研)・高岡裕(神戸大医学部附属病院)・喜多伸一・石橋和也(神戸大)
「点図におけるドットパターンの識別特性の評価」(WIT2011-59)

■HCGシンポジウム各賞

【学生口頭発表賞】
朝倉僚(京大)・宮坂淳介(京大医学部附属病院)・近藤一晃・中村裕一(京大)・秋田純一(金沢大)・戸田真志(熊本大)・櫻沢繁(公立はこだて未来大)
「筋電位計測とkinectセンサーによる三次元姿勢計測を用いたリハビリ支援システムの設計」

・竹内拓馬・前田義信・宮川道夫(新潟大)
「手の形状を識別するマルチタッチテーブルでのインタラクションデザイン」

・川村愛莉・菅沼睦・亀山渉(早大)
「映像視聴時における視聴者の瞳孔と基礎律動情報の関係分析に関する一検討」

【最優秀インタラクティブ発表賞】
・青木良輔・瀬古俊一・橋本遼・片岡泰之・井原雅行・渡辺昌洋・小林透(NTT)
「マルチタッチスクリーンを用いた視覚障がい者向け文字入力方式」

【優秀インタラクティブ発表賞】
・熊野史朗・大塚和弘・松田昌史・大和淳司(NTT)
「二者間の行動の一致性と時間差に基づく外部観察者の共感解釈の分析」

・吉本廣雅・中村裕一(京大)
「ポスターセッションの分析のための不特定複数人物の頭部形状と姿勢のオンライン自動推定」

【学生優秀インタラクティブ発表賞】
・井ノ上桃子・木原健(鹿児島大)・島村潤・谷口行信(NTT)・大塚作一(鹿児島大)
「奥行き情報が視覚的注意に与える影響 ~オブジェクト置き換えマスキング実験を用いて~」

・坂元里菜・木原健(鹿児島大)・島村潤・谷口行信(NTT)・大塚作一(鹿児島大)
「奥行き情報が視覚的注意に与える影響 ~高速逐次視覚呈示(RSVP)課題を用いて~」

【学生インタラクティブ奨励賞】
・杜紹春・松田浩一(岩手県立大)
「非直角のトリックを用いた不可能立体の3次元モデル作成システム」

・松坂治男・坂尻正次(筑波技大)・三浦貴大(東大)・巽久行・小野束(筑波技大)
「視覚障害者へのタブレット端末の操作方法の教示 ~全盲者向け講習会を通じて~」

・池原仙一・斎藤博人・武川直樹(東京電機大)
「発話速度変換システムにおける話者印象を補正する基本周波数制御」

・栗林龍馬・入戸野宏(広島大)
「背景音のテンポが作業ペースに与える影響 ~音の密度と拍の知覚の交互作用効果~」